私は子供の時からおもちゃが好きで顔に似合わず可愛い物が好きな主婦です。


by nanatoys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ミクシィ


今の時代インターネットが盛んになり、各家庭にパソコンが1台はあるようになりました。

情報はインターネットから得られるようになり、随分便利になりました。

そんな中相手の日記や相手が自分のところのページにきたことがわかる足跡とかがわかるシステムで登録をし、自分の仲間になれるマイミクなんというのがあり承認するとマイミクになれるのです。
ソーシャル・ネットワーキングサービスサイトです。

私もやっていますが私はあまり知らない人との交流はもたなく自分の友人や友人の知り合いなどとマイミクになっています。

日記も全体に公表したり、友人まで見れたりとかで設定できるのでプライバシーなどの点においてはとても便利です。

その日記ですが娘もミクシィをやっていますが、娘は知り合いがハワイにいるので小学校から夢で留学したいという気持ちが強く、
高校からハワイの学校へ行くようになり、ハワイにはもうやく8年住んでいます。

娘も英語も少し出来るようになり、今年同じ大学のアメリカ人と結婚をしました。
お互いまだ学生ですがお互いの両親が認め結婚をすることになりました。

その娘の小学校の同級生もアメリカ人と結婚をすることになり、ミクシィでマイミクにもなったOさんに結婚のお祝いのメッセージやコメントをしたそうですが何の返事もコメントも返してこなく、
他の友人のメッセージやコメントにはちゃんと答えているそうです。

娘はその子と小学校から仲が悪かったわけでも喧嘩なんかもしたことはないのに何の返事もよこさないというその子に私は腹立たしくなりました。

その子の親も知っていますが、娘が小学校の時あまり話したことはありませんが、
その親がクラスの役員をしてたことがあり、私はその時一番下の子を妊娠して臨月でした。
そんな中小学校の文化祭があり、その親から立ち仕事をやってほしいと言われ

もちろん引き受けましたが周りのお母さんからは私が臨月に近いから他の方にやってもらったらいう声がありました。
それでも役員のOさんの親は断固として私にその立ち仕事をさせたかったようで聞くこともありませんでした。

文化祭が来てその日はあいにく雨でした。
立ち仕事をしている私の臨月のお腹の姿を見てとうとう他のお母さんが見ていられなかったのか
私の代わりにやってくれるということになり、私は途中でそのお母さんと交代をしました。

私はとくにその役員のお母さんと喧嘩したわけでもなく仲が特別悪かったわけでもありません。

今思えばその子の親も子も性格が似ていると思いました。
何か人間の心から外れた冷たい心を持った親子に見えました。

普通どんなに嫌いでも嫌でも自分にお祝いのメッセージをくれたら「有難う」という言葉を返すのが人間のルールだと私は思っています。

そのお祝いの言葉も受け入れず他の子のコメントには答えるという神経がもう大人なげない幼稚な心の持ち主でその話を聞いた時すぐに文化祭の時のOさんの親の顔が浮かびました。

小学校の卒業式のときもOさんの親は私が先生やお世話になった娘の友人の親にプレゼントを渡そうと持っていたらそんな深く親しくもしていないOさんの親に「私にはないの?私にもちょうだい」と言われました。

その口のきき方にもびっくりしました。

まあ過去の事ですからもういいんですが、
世の中いろんな人間がいるんだと思いました。
主人も娘の話を聞いて、お祝いの言葉を素直に受け入れず返事もわざと娘だけしない子は人から外れた考えの子だからもうその子とは何のプラスにもならないから離れた方がいいと言っていました。
私も娘にあなたはちゃんと嫌な子でもお祝いの言葉を言ってくれたらちゃんと素直に有難うという言えるようになりなさいねと言いました。

まあ娘は冷静に怒ることもなく人として寂しい心の持ち主な人なんだと思いマイミクから外しました。
私もその方がお互いにいいと思いました。
まず私は友人や知り合いがメッセージやお祝いを入れてきたのに何の返事も返さないという人がいるんだということに驚きました。

人生生きているといろんな人間に出会いますがあの人にみたいになりたいとかあんな心の持ち主になりたいといわれるような人になりたいですね。

人間の心は鏡という人がいますが本当にそうだと思いました。
その娘の小学校のOさんを見て自分にもそういうところがあるんじゃないかと気づかされ生きていく人生の中で人の心はいつも試され嫌なきもちになったり、憂鬱になったり、悲しく切ない気持ちや心が浮き浮き嬉しくなることも人間の心なんだと思います。

私は娘がこの話をしてきた時娘はたぶん悲しかったんだと思います。
小学校の友人に裏切られたような気持ちもあり、お互いもう20歳を過ぎてもそのような嫌な態度をするような人がいることに・・・驚かされたのでしょう。

私は娘の気持ちになり娘の話も聞いてあげました。
人間は心が悲しくなった時誰か親しい人に自分の気持ちを伝えたくなります。
そんな時受け入れてあげる心と聞いて慰めてもらえる言葉が欲しいものです。

それだけでも人間の敏感な心は救われることだと思います。
だから私は母親なので娘の気持ちを受けて味方になり娘の心を慰めてあげることが心の薬になるんだと思いました。
母親が娘にしてあげられることは出来る限りのことしてあげようと思います。

そう身内が味方になり信じてあげるだけでも心は随分救われるんです。

優しさ、思いやり人間はいつも心のどこかにこの気持ちを求めているような気がします。
それに答えてあげる人間になりたいです。

つづく・・・
f0066342_423662.jpg

[PR]
by nanatoys | 2009-07-19 04:16 | 日記